この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議
【住所】〒100-8901 東京都千代田区霞ヶ関1丁目3番地1号
TEL:03-3501-6973 FAX: 03-3500-4391 E-mail office(@)tk-kokko.org

  
 

最賃・人勧で官民の共同を!

 

延長国会、悪法は葬ろう!

暴挙!国会延長!

722日まで>

でも、悪法=過労死容認・残業代ゼロの「働き方改革」一括法案、カジノ推進法案、TPP関連等々は絶対許してはいけません!だから粘り強く闘うのみ!
( 19日国会前)


(20日 秋葉原にて 過労死遺族の方共に)


(21日 国会前)


 

トップページ記事の案内

JAL整理解雇問題に向け大きな動き

JAL整理解雇問題解決に向け大きく動き始めました

  JAL不当解雇撤回を求める闘争も7年半が経過しましたが、その解決に向けて大きく動き始めました。514日、LCC新会社設立に関する説明会の場で、JAL人材本部長が組合に対し「これまでの労務方針を変更し、(整理解雇問題の解決に向けて)踏み出したということです」と述べました。

 以下は乗員組合速報(2018515日付)が明らかにした「小田人材本部長発言抜粋」です。

 「●運行乗務員は世界的にも人材が枯渇しています。会社としては(2010年の)特別早期退職者、希望退職者、それから整理解雇の方たちも採用の対象にすることに致しました。●グループ関連会社への再就職禁止を撤廃し、全職種採用可とします。●(CCUからの「解雇問題解決に向けた対応と考えてよいですか」の質問に)会社はこれまでの方針を変更しました。そのように捉えていただいて構いません。

≪4/11早期解決に向け決意表明、野中CCU副委員長≫


≪4/11「団体交渉で必ず有意義な回答を引き出したい」
和波乗員組合副委員長≫



 

お知らせ



全労連作成パンフQ&Aをお勧めします

➀このHPの「リンク」をクリック
➁リンク先全労連をクリック
➂全労連HPのトップページ右「STOP労働法制大改悪」をクリック
⇒無期転換に関わるQ&Aに関わるパンフを閲覧できます
 
 

退職手当に関わる人事院の見解

勝った 全国一般東京白梅分会

勝った! 全国一般白梅分会

団結が夢と未来を引き寄せた

 NPO法人せたがや白梅(知的障害者のための「就労支援

施設)での理事長のワンマン経営、パワハラの横行、そし

て組合結成を嫌悪しての長尾さん、松木さんの解雇。しか

か誰一人組合を抜けることなく闘いを940日続ける中、

労働審判、労働地裁での勝利を経て、高裁段階に入って

面勝利和解を勝ち取ることができました。325日はその

報告集会でした。涙と笑いと感動の一日でした。

(マイクが職場復帰を果たす長尾さん)

フルート演奏の松木さんは円満和解退職)

(沸きかえる会場)


【3月27日掲載】
 

520 非常勤職員の雇い止め--あなたの職場はどうですか?



 
絵文字:良くできました OK 非常勤職員問題の資料をどうぞ 絵文字:良くできました OK
これであなたの省庁の、常勤、非常勤職員、休職者等々の数等が分かります。開いてみて下さい。参考資料として使えます。
一般職公務員の在職状況.pdf
(2016年7月1日現在)

↓全労働本部作成の非常勤職員問題にかかわるパンフです。是非資料としてお使い下さい
2014年度版 特別組合員手帳(非常勤職員の皆さんへ).doc
国家公務員の非常勤制度の基礎知識.rtf
 

275 JAL解雇問題パンフの紹介

御巣鷹山事故から30年 JAL不当解雇関連の2つの小論紹介
↓ここをクリック
日航123便事故から30年、航空の安全を考える JALハ-イロット原告・山口宏弥.pdf.pdf 
「採用しても採用しても辞めてゆく」~客室乗務員の実態(JALCCU副委員長前田 環).pdf

JAL165人の解雇は安全の切捨て

東京国公事務局が作成した18ページ立てのパンフレットです。一から知りたいあなたへ。

JAL解雇問題パンフ(東京国公2016年6月6日更新).pdf



大好評!JAL不当解雇撤回闘争ビラ

↓最新のビラです。これで解雇の不当性が深く理解できます。クリック!

JAL.pdf






 

292 日弁連さんからの贈り物

ここをクリックで開くことが出来ます。
≪圧縮をかけており、2回クリックが必要です。時間も5~6秒かかります≫
日弁連パンフ「残業代ゼロ制度」-働くあなたや家族の大問題.zip


本弁護士連合会が「残業代ゼロ法案」阻止に向けて6ページ立てのパンフレットを作成しています。とても見やすく、分かりやすく、丁寧に編集されています。東京国公として日弁連さんにお願いし、パンフレットのHP掲載を承諾いただきました。是非積極的にご活用下さい。
 
アクセス271931

お知らせ



最賃は、すべての働く者の賃金に関わることであり、極めて重要な課題です。このコーナーでは、最賃に関わる資料と行動呼びかけと結果を重視し、その内容に沿った記事を掲載する予定です。
 

1、最賃は社会的責任

最賃は社会的賃金闘争!

国家公務員労働者にも多大な影響

 

最低賃金引上げはすべての労働者の賃金引上げに繋がります。この点で最低賃引上げ闘争は今、「社会的賃金闘争」と呼ばれています。東京国公と「16春闘官民共同行動実行委員会」は、来春闘も最賃闘争を最重点の課題と位置付けています。

最賃は国公労働者にとっても重要です。国家公務員の高卒初任給は時給に換算するとわずか835円程度です。「時給1000円以上の全国一律最低賃金制度の確立」が、労働組合の共通の要求になっていますが、仮に時給1000円が実現すれば、人事院も最賃を下回る賃金体系は改善せざるを得ないわけですから、国家公務員の高卒初任給は約17万円になります。したがって国公労連が掲げる高卒初任給要求=17万円も実現することに繋がります。初任給が改善されれば、全体の見直し(上方修正)も必要なります。以上の通り国家公務員労働者にも、「最賃」は大きなかかわりがあるのです。 

時給1000円でも生活苦 時給1500円の実現を!AEQITAS(エキタス ラレン語で「公正」の意味)で連日行動

さて労働組合は「時給1000円以上の全国一律最低賃金」を要求していますが、若者のグループAEQITASなどは、1000円になっても「生活苦は改善されない」と、最賃時給1500円を要求して多彩な運動を展開しています。1017日に続いて1213日にも新宿デモ行進を実施しました。この日は小雨降るあいにくの雨でしたが、東京国公の青年組合員も参加し、バイト学生や民間非正規社員と一緒にデモに参加し気勢をあげました。

↓2015年12月13日の新宿デモ       ↓資料

 

 

 上の図は2012年のOECDのレポートを元に、世界各国の労働者の最低賃金を平均賃金との相対水準で表されたものです。数値が低ければ低いほど、平均賃金よりも最低賃金が相対的に低い水準にあり、賃金格差が結果として大きくなります。この図をご覧になればハッキリとわかりますが、日本の最低賃金の相対水準は28%と相当低い水準に抑えられていることがわかります。特にOECD諸国の中で、メキシコ、韓国、トルコとほとんど変わらないレベルにあり、先進国の中では世界最低といわざるを得ません。