この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

130

東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議
【住所】〒100-8901 東京都千代田区霞ヶ関1丁目3番地1号
TEL:03-3501-6973 FAX: 03-3500-4391 E-mail office(@)tk-kokko.org

  
 

霞が関過労死110番開設

 

霞が関で働く国家公務員の9%(3,060人)が過労死の危険ラインとされる月80時間の残業を強いられています。そして27.6%(9,380人)が過労死の危険を感じたことがあるという、大変な職場実態にあります。あなたは過労死の危険を感じたり、パワハラやセクハラに悩んでいませんか?ひとりで悩まずご相談下さい。

秘密厳守 相談無料、ご家族からの相談でも結構ですよ

 

トップページ記事の案内



↓ここを開いて下さい。トップページ記事の目次です。
トップページ記事の案内.docx
 

退職手当に関わる人事院の見解

第88回メーデー案内

88メーデー

2017年5月1日(月)

開場 0900 開会1000 パレード1230

国公は中部ブロック・舞台に向かって右後部 デモコースは新宿コース。第三梯団です。

今年は1886年のシカゴの労働者と連帯・共同!代々木公園へあなたも

メーデーの起源は?.docx ⇚クリックを

 

勝った 全国一般東京白梅分会

勝った! 全国一般白梅分会

団結が夢と未来を引き寄せた

 NPO法人せたがや白梅(知的障害者のための「就労支援

施設)での理事長のワンマン経営、パワハラの横行、そし

て組合結成を嫌悪しての長尾さん、松木さんの解雇。しか

か誰一人組合を抜けることなく闘いを940日続ける中、

労働審判、労働地裁での勝利を経て、高裁段階に入って

面勝利和解を勝ち取ることができました。325日はその

報告集会でした。涙と笑いと感動の一日でした。

(マイクが職場復帰を果たす長尾さん)

フルート演奏の松木さんは円満和解退職)

(沸きかえる会場)


【3月27日掲載】
 

520 非常勤職員の雇い止め--あなたの職場はどうですか?



 
絵文字:良くできました OK 非常勤職員問題の資料をどうぞ 絵文字:良くできました OK
これであなたの省庁の、常勤、非常勤職員、休職者等々の数等が分かります。開いてみて下さい。参考資料として使えます。
一般職公務員の在職状況.pdf
(2016年7月1日現在)

↓全労働本部作成の非常勤職員問題にかかわるパンフです。是非資料としてお使い下さい
2014年度版 特別組合員手帳(非常勤職員の皆さんへ).doc
国家公務員の非常勤制度の基礎知識.rtf
 

275 JAL解雇問題パンフの紹介

御巣鷹山事故から30年 JAL不当解雇関連の2つの小論紹介
↓ここをクリック
日航123便事故から30年、航空の安全を考える JALハ-イロット原告・山口宏弥.pdf.pdf 
「採用しても採用しても辞めてゆく」~客室乗務員の実態(JALCCU副委員長前田 環).pdf

JAL165人の解雇は安全の切捨て

東京国公事務局が作成した18ページ立てのパンフレットです。一から知りたいあなたへ。

JAL解雇問題パンフ(東京国公2016年6月6日更新).pdf



大好評!JAL不当解雇撤回闘争ビラ

↓最新のビラです。これで解雇の不当性が深く理解できます。クリック!

JAL.pdf






 

292 日弁連さんからの贈り物

ここをクリックで開くことが出来ます。
≪圧縮をかけており、2回クリックが必要です。時間も5~6秒かかります≫
日弁連パンフ「残業代ゼロ制度」-働くあなたや家族の大問題.zip


本弁護士連合会が「残業代ゼロ法案」阻止に向けて6ページ立てのパンフレットを作成しています。とても見やすく、分かりやすく、丁寧に編集されています。東京国公として日弁連さんにお願いし、パンフレットのHP掲載を承諾いただきました。是非積極的にご活用下さい。
 
アクセス176326

19日官民共同行動だい4波、JMITUに呼応

官民共同行動をさらに強め17春闘に勝利し、安倍内閣を退陣に追い込もう!JMITUと官民共同行動実行委員会が中央行動≪4月19日≫

 419日、官民共同行動実行委員会(東京国公、全国一般東京、金属反合闘争委員会、全印総連東京、千代田区労連)は、JMITU(日本金属製造情報通信労働組)の中央総行動に呼応し、共催で昼休みに厚労省前行動(300人参加)、午後は国会請願デモ(220人参加)、夜はIBM本社前行動(200人参加)と人形町デモ(200人参加)を実施しました。お昼や休みの厚労省前行動と国会請願デモでは、官民共同行動実行委員会を代表して東京国公植松隆行事務局長は、過労死を容認する960時間の残業や共謀罪審議強行に触れつつ「官民が共同して働き方改悪を阻止し、安倍暴走政治にストップをかけてこそ、『官』の労働者も『民』の労働者も要求を前進させることができる」と官民共同の意義を訴えました。官民共同行動としてはこれで4波の行動となり、参加総人数は1700人を数えます。

    

 

この日の夜 日比谷野外音楽堂では沖縄に連帯 辺野古埋め立て許さない

 安倍政権が沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設へむけ海の埋め立て工事強行をねらうなか、「辺野古の海の埋め立て工事強行を許さない!大集会」が19日夜、東京・日比谷野外音楽堂で行われました。会場に入りきらない人もでる3500人(主催者発表)の参加者は「辺野古新基地建設反対」とコール。集会後、銀座、東京駅に向かってデモ行進しました。 主催は、基地の県内移設に反対する県民会議、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会、総がかり行動実行委員会です。

 米軍基地反対運動で逮捕・長期間勾留され、保釈された山城博治氏が「みなさんの声は県民を励ましている。全国で連帯し、前進を続けていこう」と訴えました。 日本共産党、民進党、自由党、社民党、「沖縄の風」の代表が連帯あいさつしました。東京国公はIBM本社前の部隊と別に、伏木野副議長等が沖縄との連帯集会に参加しました。

≪写真は赤旗420日付より≫
 

 

海を守る国家公務員のお仕事紹介

国公船舶職員は、国民生活の安全・安心を守るために日夜奮闘しています(4月17日掲載

 国公船舶職員は国民の安全安心の確保という点で大変重要な任務を遂行しています。

 税関では、麻薬拳銃等の密輸取り締まり、海上保安庁は領海の警備、気象庁は海洋観測、水産庁は海洋資源確保や密猟の取り締まり、これらは多くの方々に知られています。

海洋環境整備船を紹介します

ところで国土交通省地方整備局所属の海洋環境整備船がどんな仕事をやっているのか、すぐに思い浮かべることができますか?本誌面では海洋環境整備船の役割を紹介します。

海上における浮遊ごみや油回収など、海洋の豊かな自然環境を維持し、自然災害時の緊急物資輸送と港湾機能の速やかな復旧、の任務を持っているのが、海洋環境整備船です。全国に12隻保有されています。名古屋、新潟、北九州には「大型ドラグ浚渫船兼油回収船」いう大型船が配備されています。

 

航行の安全確保

 全国に配備された環境整備船は、日々航路の維持浚渫や湾内に浮遊する大量のゴミの回収を実施し、国内外の船舶の航行安全を確保するために稼働しています。

 また海難事故や衝突事故による油流出事故も頻発しており、その都度出動して、海洋環境を守っています。1997年には、日本海でナホトカ号や東京湾のダイアモンドグレース号の油流出事故が連続して起きましたが、自然環境や地域経済を守るために大いに奮闘しました・

東日本大震災でも支援のため大活躍

 東日本大震災では、日本中が混乱する中、「大型ドラグ浚渫船兼油回収船」3隻が動員され、支援物質を輸送。また一般海洋環境整備船4隻が、約1ヶ月被災地に張り付き港湾の復旧にあたりました。

南トラフ巨大地震などの防災対策の確立を

 東日本大震災の教訓をもとに、2013年6月に「港湾法」が改正され、非常災害時における港湾機能及び航行の早期復旧・維持の国の役割が示されました。しかし海洋における「国の防災対策」は不十分です。海洋環境整備船の全国配置など、緊急事態に備えた防災対策が強く求められます。そしてそうした船舶を実際に運行、稼働させているのはもちろん、国公船舶職員ですから、増員と労働条件の整備が求められます。

 
 

「自活できる最賃は時給1500円」の声、轟く(15日、新宿)

2017415 新宿で最賃行動 聞け!若者の声

「自活できる最低賃金は1500円!」

「サービス残業時間を含めれば私は最賃以下の時給」

  「貧困なくせ、今すぐ最賃引き上げよ!」。4月15日最低賃金の大幅引き上げを求めて全国各地、38の地域でいっせいに大宣伝、デモが取り組まれました。東京では、新宿駅西口で「いますぐ時給1000円、めざせ1500円」「地域格差なくし、全国一律最低賃金制の確立」をアピールし、大きな注目が寄せられました。

12時からの宣伝には、全労連、東京地評、国民春闘を中心に200人で宣伝。ビラの受け取りも上々で、ビラを受け取った青年は「自活できる最低賃金を実現してもらいたい。時給1500円を支持します」、又べつの女性は「私は一応正社員です。でも、サービス残業の連続です。サービス残業時間を含めれば、私の時給は最低賃金(東京は932円)以下かもしれません」、こんな声が寄せられました。

 その後2時30分からは、最低賃金の引き上げや、格差と貧困の是正などを求める若者グループ「AEQUITAS」(エキタス)が「上げろ最低賃金デモ」を実施しました。サウンドカーやドラム隊を先頭に「最低賃金1500円上げろ 上げろ」「全国一律最低賃金上げろ 上げろ」とコール。「ともに声を上げよう」とアピールしました。最賃の全国一律大幅引き上げと長時間残業規制、不払い残業の一掃はまさに喫緊の課題であることを改めで自覚しました。(レポーター東京国公事務局長:植松隆行)≪2017年4月17日記載≫

 

 

時代錯誤の教育勅語礼賛



 後半国会に入り、安倍政権の反国民的立場や好戦的で戦前への回帰路線が露わなっています。それは➀共謀罪の強行審議入り(46日)、②戦前の軍国主義教育の支柱であった「教育勅語」を「憲法や教育基本法等に反しないような形」であれば教材にしてよいとする政府の答弁書(3月31日閣議決定)、➂今村復興大臣の福島県から自主避難している方々に対する「帰れないのは本人の責任」などとの記者会見での発言(4日の記者会見)、④アメリカのシリアへのミサイル攻撃に対する支持(7日午後330分=トランプ声明のわずか4時後に支持表明)等々です。

 とりわけ教育勅語に関わる、閣僚発言や閣議決定は時代錯誤の戦前回帰の暴走ではないでしょうか?「『親孝行』『夫婦の和』など優れた中身もある」等の主張は、論点のすり替えです。教育勅語の核心が『ひとたびことが起これば、天皇のために命をささげるべし』にあることは、論を待ちません。(下段に教育勅語とその解説があります)

 「森友」疑惑も含めて、安倍政権の異常な暴走にどう歯止めをかけるか、後半国会での最大の争点です。大いに議論し、安倍暴走にストップをかけることを呼びかけるものです。(東京国公事務局長:植松隆行)

 ↴以下は朝日新聞デジタルより


教育勅語全文と解説です。↴クリックを
これが教育勅語だ.docx

 

第88回メーデーは❽がキーワード

第88回メーデーは「❽」キーワードです

貴方か彼が、職場の代表として参加しましょう!

「第1の8時間は仕事のために第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」

88回メーデーが3週間後に迫っています。今年・第88回メーデーは❽がキーワードです。過労死・過労自殺のない働き方を求める声が、一致する労働者・国民世論として形成される中、安倍政権はこれを逆手にとって、月100時間、年間960時間働かせても「合法」という、「働き方改革」を強行しようとしています。

メーデーは、1886年5月1日、アメリカの労働組合が八時間労働制を要求してストライキ・デモ行進を行ったことが起源です。当時は12~14時間労働が当たり前でした。このため、アメリカの労働者は「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」という「8時間労働の歌」を歌いながらたたかい、8時間労働制をかちとりました。

それから130年余、私たちは、このスローガンを、今また叫ばなくてはなりません。「51日は、こぞってご参加を!」とは言いません。仕事がストップしてしまうでしょう。だから「貴方か、彼が」が職場のみんなと話し合って、「8時間」が自分の好きなことのために使える職場・社会を作るためにご参加下さい。【2017年4月10日掲載】

  



 

えっ!年960時間の残業OK? 

これが働き方改革?年間規制残業時間は720時間ではなく960時間(=休日労働を上乗せすれば)

政府の「働き方改革実現会議」で3月17日に了承された残業時間の上限規制案に、重大な「抜け穴」があることが明らかになり、一般新聞でも大きく報道されています。

 「年720時間」とする残業の上限などに「休日労働」が含まれておらず、「年960時間」=12カ月連続で、過労死ラインである「月80時間」まで働かせることが可能な仕組みになっています。

 規制案では、残業は「月45時間、年360時間」を原則とし、繁忙期には「年720時間」まで認めます。しかし、同会議ではこれらの時間に「休日労働」を含めないことが提案され、了承されました。

 休日労働が含まれるのは「2~6カ月の平均がいずれも月80時間以下」「月100時間未満」とする規制だけとなるため、12カ月連続で月80時間、年960時間まで働かせることが可能になります。 従って原則である「月45時間、年360時間」や繁忙期でも「年720時間」までとする規制は名ばかりとなり、空洞化してしまいます。

 この問題に関しては2月14日の働き方実現会議で政府案が示された後、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と山添拓参院議員が国会質問で取り上げ、「抜け穴」があると追及しました。塩崎恭久厚労相や加藤勝信・働き方改革担当相は「検討する」と答弁しましたが、結局、年間の上限などについて休日労働は除外されてしまいました。この規制案は政・労(連合)・使の合意であり、法案化される可能性が極めて高く、緊迫した局面にあります。

 悪意のある経営者が休日にまとめて働かせ、制限を受ける平日の残業とすり替えることが起きる可能性は十分考えられます。こんなインチキ「残業規制」案は絶対に認めるわけにはゆきません。

 休日労働・・・労働基準法は週1日の休日付与を義務付けており、多くの企業が日曜日を充てています。働いた時間は平日の残業と区別し休日労働として計算し、賃金の割り増しも変わってきます。(ホンテイ休日労働の割り増し率は、1.35倍)

残業に関わる政府案の骨子

➀残業は「月45時間、年360時間」を原則とし、繁忙期には「年720時間」まで認める。

休日労働が含まれるのは「2~6カ月の平均がいずれも月80時間以下」「月100時間未満」とする規制のみ。*月45時間、年間720時間規制には休日労働は含まれない。

↓毎月80時間の残業12ヶ月連続も可能

 

45時間には休日労働は含まない

80時間上限規制には休日労働が含まれる。

*45時間、年間720時間規制には休日労働は含まれない

1

45時間

プラス35時間で月間80時間

2

45時間

プラス35時間で月間80時間

3

45時間

プラス35時間で月間80時間

4

45時間

プラス35時間で月間80時間

5

45時間

プラス35時間で月間80時間

*年間の原則上の限残業時間は12ヶ月で540時間+175時間(35時間×5ヶ月)=715時間 年間特例残業時間は残5時間

6

45時間

年間特例残業時間の残5時間プラス休日労働日残業時間30時間=35時間で月間残業時間80時間 

7

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

8

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

9

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

10

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

11

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

12

45時間

(休日労働日残業)プラス35時間で80時間

小計

540時間

(=年間原則残業時間)

合計420時間

➀特例残業時間35時間×5ヶ月+5時間=180時間

➁休日労働日残業時間35時間×6ヶ月+30時間=240時間

合計

540時間+180時間(特例残業時間)休日労働日240時間960時間

実質的に月間80時間残業が12ヶ月連続してできる。

 
2017年4月4日掲載

 

暴走政治、森友疑惑 もう我慢の限界!国会へ行こう!

暴走政治、森友疑惑、もう我慢も限界 そうだ!国会へ行こう!

「戦争さえない・9条崩すな!総がかり行動実行委員会」の行動に、みんなこぞって参加しよう!